漢方:どんなときに有効?|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

漢方:どんなときに有効?

  • スタッフブログ

こんにちは、まろん鍼灸接骨院です。

今回は、漢方についてです。

長引く症状などが、「漢方」で緩和されるケースがあります。

漢方の基本について知っておきましょう!

 

 

 

 

・漢方とは:日本で発展した伝統医学で、漢方薬による薬物治療のこと

最近、医療機関を受診したときに、漢方が処方されるケースが増えてきました。漢方(漢方医学)は、中国から伝わり、日本で独自に発展した伝統医学です。

明治時代に西洋医学が主流になるまで、日本の医療を担ってきました。広義には鍼灸治療なども含まれますが、一般に漢方といえば、漢方薬による薬物治療を指します。

 

 

◇漢方薬とは

漢方薬とは、漢方で伝統的に用いられてきた漢方処方と、それを構成する生薬を指します。

 

◉漢方処方

一定の配合に基づき、複数の生薬を組み合わせた薬のことです。

 

◉生薬

天然素材を加工・調整した薬物のことで、植物性がほとんどですが、ほかに動物性、鉱物性のものもあります。植物性の生薬には大黄、甘草、葛根など多くのものがあり、動物性では、牡蠣、鉱物性では石膏などが挙げられます。

 

西洋医学で用いる西洋薬は、主に合成薬物で、その多くが単一成分です。

漢方薬は、生薬を複数組み合わせたもので、多数の成分から成り立っています。

例えば、「かぜ(かぜ症候群)」に対する漢方薬としてよく知られている葛根湯は、7つの生薬から構成された漢方処方です。

 

 

◇西洋医学との違い

西洋医学は、一言で言うと、“科学的”で、検査などにより病気を診断したうえで、臨床試験や作用機序の解明など、根拠(エビデンス)に基づいた治療を基本としています。

 

それに対して、漢方は、一言で言うと、“経験的”で、患者さんの状態を証という独特の指針を用いて診断し、長い年月に渡る英知や実績などに基づいた治療を基本としています。

 

現在、日本や欧米などでは、西洋医学が医療の主役を担っています。例えば、がんの場合には内視鏡治療や手術など、また、細菌による感染症の場合には抗菌薬などによる治療というように、西洋医学が優先されています。しかし、西洋医学によって、全てを解決できるというわけではありません。

 

 

◇漢方の役割

漢方が用いられる場合として、次の3つが考えられます。

 

◉西洋医学ではよい治療法が見つからない

例えば、「冷え症(冷え性)」「虚弱体質」「疲れがとれない」などの症状の場合、一般の医療機関では特定の病気が診断されず、よい治療法に巡り合えないことも少なくありません。そのようなときに、漢方を用いる医療機関を受診すると、その人に合った漢方薬が処方され、効果が期待できる場合があります。

 

◉西洋薬で副作用がある

例えば、抗がん剤の治療を受けている人が副作用である末梢神経障害による手足のしびれや痛みに悩まされたり、食欲や体力がなくなったりして、抗がん剤の治療を続けることが困難になることがあります。そのような時に漢方薬を併用すると、副作用が軽減されて、抗がん剤の治療を続けられる場合があります。

 

◉未病を治す

未病とは、病気の一歩手前の状態を指します。漢方では、この状態で治療を受けることで、病気を予防したり、あるいは、持病から合併症を併発しないようにすることを重要視しています。今日の西洋医学における“予防医学”に相当する考えといえるでしょう。

現代の日本では、生活習慣病、メタボリックシンドローム、糖尿病の合併症などが当てはまるように思われます。これらにより動脈硬化が進むと、心筋梗塞や脳梗塞など重大な病気が起こるリスクが高まります。

このような場合の治療は、食事や運動など生活習慣の改善と、必要があれば西洋薬の服用が基本になりますが、最近では、漢方薬も血管障害の予防に有用性が期待できることがわかってきています。

 

 

 

・漢方治療:四診により「証」を決定し、漢方薬を処方する

◇漢方の診察と?

証は、漢方の治療の指針とも言えるもので、西洋医学の診断名に相当します。証は、医師の行う望診、聞診、問診、切診の四診により診断されます。いずれも、患者さんの心と体の状態を同時に、自然な形で診察することが特徴です。

 

◉望診

視覚を使った診察法で、患者さんの顔色、皮膚の色や状態、体格や体形、動作などを診察します。特に、舌の状態を見る舌診は、重要な診察法の一つで、色や形、歯形が付いていないかどうか、舌の苔(舌苔)の状態などの情報を得ます。

 

◉聞診

聴覚や嗅覚を使った診察法で、呼吸や咳の状態、体臭、排泄物の臭いなどの情報を得ます。

 

◉問診

自覚症状や病歴などを尋ねます。問診は、基本的に西洋医学と同じように行いますが、例えば、冷えの状態など、西洋医学ではあまり重要視しないような症状も細かく尋ねることが特徴です。

 

◉切診

触覚を使った診察法で、医師が患者さんの体に直接手を触れて調べます。特に、手首付近の動脈の拍動を診る脈診と、おなかの状態を診る腹診は重要とされています。

 

 

◇エキス剤と煎じ薬

医療用の漢方薬の主な剤形に、次の2つがあります。それぞれ使用方法、利点、欠点などが異なります。

 

◉エキス剤(医療用漢方製剤)

生薬を煎じた(煮出した)液体を、製薬メーカーが顆粒状や細粒状などに加工したもので、現在、広く利用されています。原則として湯に溶かして飲みますが、そのまま水で飲むこともできます。携帯や保管に便利で、手軽に使えますが、患者さん一人一人に合わせ、それぞれの生薬の量を加減することはできません。

 

◉煎じ薬

刻んだ生薬を自分で煎じ、その液体を飲むものです。手間はかかりますが、処方する際に、患者さんに合わせて生薬の量を加減することができます。どちらも効果はほぼ同じですが、エキス剤はインスタントコーヒー、煎じ薬はドリップコーヒーに例えられます。香りや味、飲みやすさなど、好みやライフスタイルを考慮し、担当医と相談の上、剤形を選択するとよいでしょう。

 

 

◇漢方薬の副作用

漢方薬の副作用は、西洋薬に比べて、全体的に少ないといえます。しかし、漢方薬も薬の一種なので、副作用がないわけではありません。

 

例えば、葛根湯にも含まれる甘草という生薬には、むくみや血圧上昇、低カリウム血症などの副作用「偽アルドステロン症」が見られることがあり、そのまま服用し続けると、心臓に重大な悪影響を及ぼすおそれもあります。

 

そのほかの漢方薬でも、まれに肝機能障害や間質性肺炎などの副作用が起こることが報告されています。

 

漢方薬は市販もされていますが、できれば医療機関で処方してもらい、副作用も含めて、その後の経過をきちんと診てもらうことが望まれます。

 

 

◇漢方治療を希望する場合

漢方薬を使いたい場合、持病があって医療機関を受診していれば、まずは担当医に相談するとよいでしょう。担当医自身が漢方に詳しくなくても、漢方専門医を紹介してくれる場合もあります。担当医がいないなどの場合には、日本東洋医学会のホームページを利用し、漢方専門医を探すのも一つの方法でしょう。

 

現在、約150種類の漢方処方に健康保険が適用されています。ただし、自費診療の医療機関もあるので、受診する前に問い合わせるなどの確認をしておいた方がよいでしょう。

 

 

まとめ

漢方には、西洋医学を補うという重要な役割があります。

漢方では、「証」に基づいた漢方処方で治療をおこないます。

 

 

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」「交通事故に強い接骨院」「美容ばり始めました」

土曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

羽村市双葉町2-1-33

TEL 042-578-9146