漢方でいきいき健やかに!|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

漢方でいきいき健やかに!

  • スタッフブログ

こんにちは、まろん鍼灸接骨院です。

今回は漢方についてです!

 

 

 

 

・漢方医学は「心身一如」

頭痛、めまいなどの不調を感じて医療機関を受診したのに、医師から「悪いところはありません」と言われてしまったことはないでしょうか?

特定の病気と診断がつかない漠然とした不調を、西洋医学では「不定愁訴」といいます。西洋医学では、検査や診察などで診断名がつかないと治療は始まりません。

 

一方、漢方医学に不定愁訴の概念はありません。むしろ、こういうものを得意とするのが漢方医学で、まだ病名がつかない「未病」といわれる段階から治療は始まります。

 

また、西洋医学では病気の“部分”を治そうとしますが、漢方医学では、病気になった“人”を治そうという考え方で治療に当たります。したがって、治療もその人に合わせた治療、つまりオーダーメイド治療が行われます。

 

さらに、漢方医学には心と体はひとつであって切り離せないものだという「心身一如」の考え方があります。心身の調和やバランスを取り、どちらも良くしようというのが漢方の考え方です。

 

 

 

・四診によって体質を判断

漢方医学では「四診」といわれる診察を大切にします。患者さんが診察室に入ってくる時の様子を見るのも問診の一つです。望診は患者さんの状態を見て診察すること。聞診では体のにおいを嗅いだりすることもあります。切診は触診のことで、患部に触れたり、腫れや熱などを確認します。

 

こうした四診によって、患者さんの病状や体質などを判断します。色々な見方がありますが、代表的なものとして「実証」「虚証」があります。実証は体力があり、暑がりで、胃腸が丈夫、血色も良い。一方、虚証は体力がなく、寒がりで、胃腸が弱く、血色は悪いといった傾向です。

 

もう一つ、「気血水」という概念があります。「気」は目に見えない生命エネルギーを指します。「血」は血液とその流れ、「水」は血液以外の透明な液体です。それぞれの必要量が保たれ、体の中を巡っていることが大切で、そのバランスが取れている状態を、漢方医学では健康な状態といいます。

 

 

 

・「異病同治」でさまざまな症状に対応

具体的な症例を見てみましょう。

 

◉拍動性の頭痛に悩まされている79歳の女性

10代の頃から市販の頭痛薬を服用。MRIで精密検査をした結果、異常なし。病院で処方された鎮痛薬では改善せず、不眠まで出てきた。

この方は、実証気味でした。高齢であったため、釣藤散を処方しました。毎日3回2週間服用したところ、頭痛やイライラが減少し、4週間後には頭痛は改善しました。

 

 

◉2年前から回転性のめまいがある74歳の女性

耳鼻咽喉科や神経内科でCTやMRI検査をした結果、異常なし。

証としては虚証と実証の中間の「中間証」でした。漢方医学的に「気血水」の乱れがあると判断し、バランスを整えるために加味逍遙散と苓桂朮甘湯の2つを処方したところ、4週間後にはめまいがなくなりました。

 

 

以上2例では、頭痛にもめまいにも五苓散が使われています。このように漢方治療では、違う症例であっても同じ薬が処方されることがあります。2人の患者さんは「気血水」のうち、特に「水」に異常があると診断したのですが、「水」に異常があると下痢や嘔吐、むくみ、頭痛、めまい、耳鳴り、動悸、関節の痛み、腫れ、疼痛などの症状が出ます。したがって、症状は違っても「水」の異常というくくりの中で、薬を処方しているのです。漢方医学には、このように異なった症状や病気を同じ薬で治す「異病同治」という考え方があります。

 

頭痛やめまいなどの漢方治療を始める前には、腫瘍などのこわい病気が隠れていないかどうか、まず西洋医学の専門医にチェックしてもらいましょう。

 

 

 

・漢方薬に対する疑問を解決

漢方薬は健康保険が適用されますか?、と聞かれることがあります。病院や医療機関で医師の診断によって処方される場合は、健康保険が適用されます。煎じ薬では、まれに保険適用になっていに生薬が入っていて薬代が高くなったり、医療機関によっては自費診療だけのところもありますから、事前に確認するようにしましょう。

 

漢方薬には副作用がないと思っている人がいますが、漢方薬医薬品ですから副作用はあります。たとえば、多くの漢方薬に含まれる生薬のひとつ甘草は、過剰摂取により高血圧症やむくみなどが現れることがあります。麻黄もまれに血圧上昇を招く場合があります。医師には服薬の状況、既往歴などをきちんとつたえましょう。

 

漢方薬は効きが遅いのでは、という疑問も聞きますが、これは西洋薬も漢方薬も同じです。何年もかけて悪くなった慢性の症状が、薬を飲んですぐに治るということはありません。しかし、かぜや腹痛など急性のものは漢方薬が素早く効く場合もあります。

 

漢方専門医の探し方がわからないという場合は、日本東洋医学会のホームページを見てください。各地域の漢方専門医が紹介されています。また、近くの薬局で薬剤師に聞いてみるのもひとつの方法です。

 

 

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」「交通事故に強い接骨院」「美容ばり始めました」

土曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

羽村市双葉町2-1-33

TEL 042-578-9146