脳を活性化する暮らし方:振りをつけて歌う!|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

脳を活性化する暮らし方:振りをつけて歌う!

  • スタッフブログ

こんにちは、まろん鍼灸接骨院です。

今回のテーマは、脳を活性化する暮らし方:振りをつけて歌う!です。

同時に2つのことに取り組んで、注意を配分する能力を鍛えましょう!

 

 

 

 

 

お茶を飲もうとやかんを火にかけ、その間にちょっと片付けものをしていたら、やかんのことをすっかり忘れてヒヤッとした……そんな経験はありませんか?

 

同時進行している2つ以上のことにうまく対処するためには、それぞれにほぼ等しく対処するためには、それぞれにほぼ等しく注意を向けることが必要です。ところが、加齢に伴って前頭葉を中心とする脳の働きが低下すると、注意をバランスよく配分することが難しくなります。子どものころは、宿題をしながらテレビを見ても、その内容を理解できたものですが、年をとるとそうはいきにくくなるのです。

 

 

しかし、仕事や家事など日常生活を送るうえで、複数のことを同時進行させる場面はたくさんあります。このとき注意をうまく配分できないと、どれかがおろそかになり、失敗や事故につながるかもしれません。そこで、異なる2つのことを同時にこなすトレーニングを行って、注意を配分する能力を鍛えましょう。その一つとしてオススメしたいのが、“振りをつけて歌う”です。

 

 

すらすらと歌える歌でも、歌いながらステップを踏んだり、振りをつけたりすると、急に歌詞やメロディーがあやふやになったり、リズムが乱れたりすることはないでしょうか?

 

これは、手や足の動きに気を取られて、歌うことへ注意が向かなくなるからです。逆に、歌に集中すると、今度は動きがぎこちなくなってしまうでしょう。

 

 

歌も振りも上手にこなすには、とにかく練習することですが、やみくもに歌と振りを合わせようとしても、なかなかうまくいかないものですまずは歌か振りのどちらかを完全にマスターしましょう。歌ならそらで歌えるまで練習し、そのうえで簡単な振りを少しずつ足していくのがポイントです。こうした練習が注意の配分に関わる前頭葉の機能を高めるトレーニングになります。

 

 

振り付きで上手に歌えると、達成感や満足感が得られますし、その成果をカラオケなどで披露すると、きっと盛り上がるはずです。1曲マスターしたら、次は少し難しい振りを取り入れたり、レパートリーを増やしたりして、楽しみながら脳を鍛えていきましょう!

 

 

 

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」「交通事故に強い接骨院」「美容ばり始めました」

土曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

羽村市双葉町2-1-33

TEL 042-578-9146