胃と食道の病気:胃潰瘍|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

胃と食道の病気:胃潰瘍

  • スタッフブログ

こんにちは、まろん鍼灸接骨院です。

今回は、胃潰瘍についてです!

「胃潰瘍」の7〜8割は「ピロリ菌」、2〜3割は痛み止めに使う薬「NSAIDs」の影響によって起こります。

薬が原因で起こる胃潰瘍が増えているので、注意が必要です。

 

 

 

 

・胃潰瘍とは:胃液の酸で胃壁が傷つき、えぐれた状態になる病気

胃で分泌される「胃液」は、食べ物を消化したり、食べ物と一緒に入ってきた細菌を殺菌したりする働きをしています。そのために胃液は強い酸性ですが、それで胃壁が溶けてしまうことは通常ありません。胃壁の表面を覆う粘膜が、胃液に対する防御機能をもっているからです。

しかし、その防御機能が弱くなると、胃液によって胃壁が傷つき、穴を掘ったようにえぐれた状態になります。これが胃潰瘍です。

 

 

 

◇胃潰瘍の症状とは

胃潰瘍ができると、「胃痛」や「胃のむかつき」といった代表的な自覚症状が現れるようになります。

重症の場合には、幹部から出血することで、「吐血」や「下血」がおこることもあります。下血では、黒い便や赤い便が出るようになります。また、患部からの出血が続いた場合、「貧血」が起きてきます。貧血になると、それによって「動悸」や「息切れ」が起こりやすくなります。

胃壁が深く掘られてしまい、ついに穴が貫通して「穿孔」という状態になることもあります。この場合には、非常に激しい痛みが起こります。

 

胃潰瘍は、軽症から始まって次第に重症化する病気ではなく、一般的に起こった時が最も重症です。そのため、最初から重い症状が現れることもあります。

 

かつては、胃潰瘍はストレスによって起こるといわれていましたが、ストレスだけで胃潰瘍が起こることは少ないのです。重要な原因は、「ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)」の感染と、痛み止めとして使われる「NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)」の内服です。

 

 

 

・胃潰瘍の原因①:胃潰瘍の7〜8割は、ピロリ菌の感染が原因

胃潰瘍を引き起こす最も大きな原因が、ピロリ菌の感染です。胃潰瘍の7〜8割は、この原因によると考えられています。ただ、ピロリ菌に感染したすべての人が胃潰瘍になるわけではありません。感染している人が強いストレスを受けた時に、胃潰瘍を起こしやすくなるのです。

ピロリ菌に感染すると、胃の粘膜が障害されて炎症が起こります。こうなると、胃の粘膜の防御機能が弱くなるため、胃潰瘍が起きやすくなるのです。

 

 

◇ピロリ菌を取り除くには

ピロリ菌は、薬で除菌することができます。特に、胃潰瘍になったことがある人や、いつも胃の具合が悪い人は、ピロリ菌の検査を受け、感染していたら除菌治療を受けることが勧められます。

 

除菌治療では、3種類の薬を1週間続けて服用します。このうち2種類は抗菌薬です。1種類が「アモキシシリン」で、もう1種類は「クラリスロマイシン」か「メトロニダゾール」です。これに、胃酸を抑える「プロトンポンプ阻害薬」を併用します。

1回の治療で除菌できないことが1〜2割あります。その場合は、抗菌薬の種類を変え、再度治療を行います。

 

 

 

・胃潰瘍の原因②:痛み止めのNSAIDsで胃潰瘍のリスクが10倍に

胃潰瘍の2〜3割は、痛み止めとしてよく使われるNSAIDsが原因で起きています。この薬は、消炎・鎮痛・解熱作用があるため、非常に広く使われています。市販されている風邪薬にも含まれており、多くの人がこの薬を服用したことがあると思われます。特に「関節炎」や「リウマチ」などの治療によく使われ、長期間連用することもあります。

 

現在、ピロリ菌に感染している人は減少傾向にあるため、ピロリ菌による胃潰瘍は減りつつあります。ところが、NSAIDsによる胃潰瘍は、少しずつ増える傾向にあります。

NSAIDsで胃潰瘍ができやすくなるのは、胃が本来持っている胃の粘膜を守る働きを、くすりが抑えてしまうからです。胃の防御機能が低下することで、胃壁が傷ついてしまうのです。

 

NSAIDsを使い続けている人を対象とした調査では、15.2%の人に胃潰瘍がありました。これに対し、NSAIDsを使っていない人では、胃潰瘍がある人の割合は1.6%にすぎません。ここから、NSAIDsを使い続けることで、胃潰瘍になるリスクが約10倍になると考えられます。

 

 

 

◇薬の影響を予防するには

NSAIDsが原因となって起きている胃潰瘍は、薬をやめることでよくなることがあります。しかし、病気によっては、NSAIDsを使い続けなければならないこともあります。

 

例えば、「脳梗塞」や「心筋梗塞」の危険性がある人は、血液を固まりにくくするため、低用量の「アスピリン」を長期間にわたって服用します。アスピリンも代表的なNSAIDsなので、胃潰瘍のリスクも高まりますが、脳梗塞や心筋梗塞を予防するには服用を続けなければなりません。

 

このような場合には、胃潰瘍を予防するため、胃酸の分泌を抑えるプロトンポンプ阻害薬を併用します。特に高齢者や、これまでに胃潰瘍を経験している人は、この薬の併用が重要です。

 

 

 

・みぞおちに痛みがあったBさん(57歳、男性)

以前からみぞおちの痛みと、黒い便がでるという症状があったBさんは、突然吐血して、すぐに治療を受けることになりました。胃潰瘍が見つかり、患部から出血していたため、内視鏡で出血を止める治療を受けました。原因は、5ヶ月前から服用していたNSAIDsでした。

止血後は再び出血しないように絶食し、3日目から食事を再開。10日後には退院できました。その後もNSAIDsを服用する必要があるため、胃潰瘍を予防するプロトンポンプ阻害薬を併用しています。

 

 

 

 

・胃潰瘍の治療:出血は内視鏡治療で止め、胃酸を抑える薬を併用する

出血がある場合には、内視鏡を使って患部を焼灼するなどして、止血します。ほとんどの場合止血できますが、どうしても難しければ、手術が行われることもあります。また、穿孔が起きた場合には緊急手術が必要です。

 

出血がない場合や、止血が成功した後は、薬物療法が行われます。

まず使われるのは胃酸の分泌を抑える薬で、プロトンポンプ阻害薬と「H2受容体拮抗薬(H2ブロッカー)」があります。これらが胃潰瘍治療の基本となる薬です。これに加え、胃の防御機能を高める「プロスタグランジン製剤」や「胃粘膜保護薬」が使われることもあります。

 

薬を服用すると、症状は数日から1週間で治まりますが、潰瘍そのものはすぐには完治しません。8週間ほど継続して服用することが大切です!

 

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」「交通事故に強い接骨院」「美容ばり始めました」

土曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

羽村市双葉町2-1-33

TEL 042-578-9146