胃と食道の病気:胃食道逆流症|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

胃と食道の病気:胃食道逆流症

  • スタッフブログ

こんにちは、まろん鍼灸接骨院です。

今回は、胃食道逆流症についてです!

「胃食道逆流症」は、胃酸が食道に逆流して起こる病気です。

食道にびらんができるタイプと、そうした異常が見つからないタイプがあります。

 

 

 

 

・胃食道逆流症とは:逆流した胃酸が食道を傷つけ、胸焼けなどの症状が現れる

胃食道逆流症は、その病名が示すように、「胃液」や胃の内容物が食道に上がってくることで引き起こされる病気です。胃液に含まれる「胃酸」は、食べたものを溶かしてしまうほど強い酸性ですが、胃の粘膜には、胃酸から胃を守る働きが備わっているため、胃壁が障害されることはありません。ところが、食道の粘膜にはそのような働きがありません。そのため、胃酸が食道に上がってくると、粘膜にびらん(ただれ)ができたり、何らかの症状が現れたりするのです。

 

 

胃食道逆流症は、次のような2つのタイプに分けられます。

◉逆流性食道炎

内視鏡検査で、食道の粘膜にびらんが見つかるタイプです。

 

◉非びらん性逆流症

症状はあるものの、内視鏡検査で食道の粘膜にびらんが見つからないタイプです。

 

 

かつては、内視鏡検査でびらんが見つからなければ、たとえ症状があっても、異常なしと診断されることがよくありました。現在は、患者さんの症状を重視するようになっています。

 

「胸焼け」「胃酸の逆流感」「呑酸(酸っぱいものが込み上げてくる)」などの症状が、週に1〜2回以上ある人を調べたところ、その6割以上は内視鏡検査で異常が見られなかったというデータがあります。また、このような非びらん性食道炎と変わらず、非常に強いことがわかっているのです。

 

 

 

◇それぞれ起こしやすい人が異なる

胃食道逆流症の発症には、ライフスタイルが大きく関わっています。

逆流性食道炎は年齢や性別、体型によらず発症しますが、「中高年の男性」で「太り気味の人」に多い傾向があります。

 

非びらん性逆流症は、「若い人」「女性」「痩せている人」に多い傾向があります。また、几帳面で真面目な性格の、「ストレスをためやすい人」に多いと言われています。

 

 

 

・胃食道逆流症の原因:食道の筋肉の緩みや胃酸過多など、主に3つの原因がある

主な原因は、次の3つに大別されます。

 

◇下部食道括約筋の緩み

下部食道括約筋は食道と胃の境目にあり、その部分を締める役割を果たしています。この筋肉の働きによって、胃酸や胃に入った食べ物の逆流が防がれています。この筋肉が緩みやすくなると、逆流が起こるようになります。

 

下部食道括約筋が緩みやすくなる原因の一つは「食べ過ぎ」です。胃が膨らんで張り詰めた状態になると、この部分が開きやすくなってしまいます。もう一つは「脂肪分の多い食事」です。脂肪分を多く取ると、下部食道括約筋を緩めるホルモンが分泌されます。

 

また、「太っている人」や「妊娠中の人」は、お腹の圧力(腹圧)が高くなるため、それによっても緩みやすくなります。

 

 

◇胃酸過多

胃の中の胃酸が多いほど、下部食道括約筋が緩んだ時に上がってくる胃酸が多くなります。それが胃食道逆流症の原因になるといわれています。

胃酸の量は、食べ物や体重と関連があります。たんぱく質の豊富な肉類などの食品を食べると、胃酸の分泌が刺激され、胃酸過多になりやすいのです。また、体重が増えたときにも、胃酸の分泌が増えることがわかっています。

 

 

◇食道の知覚過敏

健康な人でも、胃酸が食道のほうに少し上がってくることはあります。しかし、ほとんどの人はそれを感じることはありません。ところが、食道の知覚過敏があると、少しの胃酸が上がってきただけでも、それを胸焼けなどの症状として感じてしまいます。

 

知覚過敏はストレスと関係していると言われています。ストレスの影響で食道の知覚過敏が起こり、胃食道逆流症を発症しやすくなるのです。

 

 

 

・気をつけたい症状とは:長く続く胸焼けや呑酸などがあれば早めに受診する

胃食道逆流症の症状で最もよく起こるのは「胸焼け」です。胸の中央部分かあらみぞおちの上の方が熱く感じられたり、焼けるように感じられたりします。酸っぱいものが込み上げてくる「呑酸」も、胃食道逆流症に典型的な症状です。

これらの他に、「胃もたれ」「吐き気」「のどの不快感」など、さまざまな症状が現れることがあります。

 

これらの症状は、その人の生活の質に大きな影響を及ぼします。特に胸焼けがあると、好きなものが食べられないなど、食生活に影響が現れてきます。また、胸焼けがあることで集中力が低下し、仕事や勉強に支障をきたすこともあります。

 

前にあげたような症状がある場合には、我慢せず、医療機関を受診することが勧められます。

 

 

・逆流性食道炎があったCさん(男性、45歳)の治療

単身赴任をきっかけに飲酒量が増え、肥満気味になったCさん。逆流性食道炎と診断されました。治療では、プロトンポンプ阻害薬の服用に加え、問題があった食生活の改善に取り組みました。食べ過ぎをやめる、肉類の量を減らす、早食いをやめる、食後すぐに横にならない、といったことを守ったことにより、症状はかなり改善されてきました。

 

 

・非びらん性逆流症があったDさん(女性、30歳)の治療

几帳面な性格のDさんは、職場の部署が変わって生活のリズムが変化したことがきっかけとなり、非びらん性逆流症を発症しました。治療では、プロトンポンプ阻害薬を服用し、ストレスが原因となっていると考えられたため、抗不安薬を併用しています。また、できるだけストレスをためない生活を心がけました。現在では、症状に悩むことはなくなっています。

 

 

 

 

・胃食道逆流症の治療法とは:胃酸の分泌を抑えるとともに、生活習慣の改善などを行う

治療の中心は、「薬物療法」と「生活習慣の改善」です。

薬物療法で最初に用いられる薬は「プロトンポンプ阻害薬」です。胃酸の分泌を抑える作用をもつ薬で、胃食道逆流症治療の第一選択薬です。ストレスが原因の場合は、「抗不安薬」なども使われます。

 

生活習慣の改善では、「食べすぎ」「脂肪分の多い食事」「早食い」「脂肪分の多い食じ」「早食い」「食後すぐに横になる」など、発症の原因になっていると考えられる生活習慣を見直します。

 

ストレスが原因と考えられる場合には、ストレスのコントロールも大切です。

 

 

◇ストレスとの関係を自覚する

ストレスが病気の原因になっていることを患者さん自身が理解すると、治療はスムーズに進みます。ストレスのコントロールがうまくいき、薬の効果も高まると考えられています。

 

 

 

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」「交通事故に強い接骨院」「美容ばり始めました」

土曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

羽村市双葉町2-1-33

TEL 042-578-9146