緑内障の薬|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

緑内障の薬!

  • スタッフブログ

こんにちは、まろん鍼灸接骨院です。

今回は、緑内障の治療についてです!

緑内障の治療では、近年、効果の高い点眼薬が増え、点眼治療だけで病気の進行を抑えられる人が多くなっています。

早期から治療を始め、十分に眼圧を下げられる薬をしっかりと使い続けることが大切です。

 

 

 

 

・眼圧を下げる点眼薬で病気の進行を抑える

緑内障は、視神経が障害されて視野が欠ける病気です。初期には自覚症状がほとんどなく、病気に気づかないことが多いですが、放っておくと視神経が弱って徐々に減っていき、失明に至ることもあります。中高年に多い病気で、40歳以上の20人に1人にあるとされています。

 

かつては緑内障といえば眼圧(眼球内の圧力)が高いために起こる病気と考えていました。しかし近年、眼圧が正常範囲(10〜21mmHg)でありながら視神経障害が起こるタイプ(正常眼圧緑内障)が多いことが分かってきて、特に日本では、このタイプが緑内障の7〜8割を占めるといわれています。そのため現在では、緑内障は、主に視神経が弱いことによって起こる病気と考えられるようになっています。

 

治療では、眼圧を下げることで視神経への圧迫を軽減し、進行を食い止めることを目指します。眼圧を下げる治療法には、薬物療法、レーザー治療、手術などがあり、緑内障のタイプ(開放隅角緑内障、閉塞隅角緑内障)や進行度などに応じて選択されるが、多くの場合、中心となるのは点眼薬による薬物療法です。

 

 

 

・緑内障の治療に使う点眼薬とは?

眼圧は眼球内を満たしている房水の量によって左右されます。眼球内の房水が多くなると眼圧が上がってしまいますが、その眼圧が下がれば、視神経の負担が軽減され、緑内障の進行が止まります。

そこで、治療としては、房水の産生を抑えたり排出を促したりして、房水を減らすことで眼圧を下げる薬が用いられます。

 

 

残念ながら、一旦障害された視神経を元に戻すことはできません。緑内障の治療はいずれも進行を阻止することを目的に行われるものです。

それだけに、生活に不自由を感じる前に治療を開始し、将来に向けて治療を続けることが大切になります。

 

 

有効性の高い薬が増えてきたことで、現在は、点眼薬による治療をきちんと行えば、生涯、見ることに不便を感じない状態を維持できる人が多くなってきています。ただし、点眼薬は、基本的にずっと使い続けることになります。

 

 

 

・眼圧が高くなくても、眼圧を下げる薬で効果があるの?

「眼圧は正常範囲だが、緑内障(正常眼圧緑内障)」と言われた患者さんでは、眼圧を下げる薬で本当に効果があるのか?と思う人もいるでしょう。

 

正常眼圧緑内障は日本で最も多いタイプの緑内障です。ここ十数年で、眼圧を下げる治療は、正常眼圧緑内障にもとても有効な治療法であることが明らかになってきました。眼圧が正常範囲でも、眼圧をしっかり下げれば、殆どの緑内障の進行を止めることができます。

海外の大規模臨床試験では、眼圧が1mmHg下がることで視野障害の進行が約10〜20%低下する、という報告もあります。

 

 

 

・眼圧が高いと言われたら緑内障の薬を使う?

緑内障の中でも、隅角が狭くなって虹彩が隅角にくっつき、房水の排出路が塞がれる「閉塞隅角緑内障」では、虹彩にレーザーで孔をあけるレーザー治療や白内障手術で、眼圧が高くなる原因を取り除くことができます。このタイプの緑内障では、原因の解消を図る治療が優先になります。

 

眼圧が高いだけの場合は、「高眼圧症」と呼ばれ、必ずしもすぐに薬を使うとは限りません。高眼圧症には緑内障の予備軍もいるので、眼圧を下げる薬を開始する場合もありますが、眼圧が高いだけで、生涯緑内障にならない人も少なくないからです。

ただし、治療を行わない場合も、年に1回程度の検査で経過観察をし、視神経の問題が見つかったら治療を開始します。検査を行っていれば、自覚症状のない早期に見つけられるので、それから治療を始めて進行を止めても遅くはないでしょう。

 

 

 

・点眼薬の種類による効果の違いは? 副作用は?

緑内障の治療に用いられている点眼薬には、次のような種類があります。

 

◉プロスタグランジン関連薬

現在、緑内障の代表的な治療薬となっており、1日1回の点眼で最も強力で確実な眼圧下降効果が得られるプロスト系の薬が、主に用いられています。

全身的な副作用はほとんど心配ないのですが、目の局所的な副作用が起こりやすく、充血、虹彩やまぶたへの色素沈着、まつげが増える、角膜障害などが起こることがあります。

1日2回点眼するプロストン系の薬は、最初に開発されたプロスタグランジン関連薬ですが、最近では、より作用が穏やかで副作用が少ない薬として使い分けられています。

 

 

◉β遮断薬

プロスタグランジン関連薬が登場するまで緑内障の第一選択薬だった薬で、眼圧を下げる効果はプロスタグランジン関連薬には及ばないものの、局所的な副作用が少なく、さし心地がよい点眼薬です。

ただし、全身的な副作用には注意が必要で、特に肺や心臓に影響して、ぜんそく発作を誘発したり徐脈になるおそれがあるため、気管支喘息やCOPD(慢性閉塞性肺疾患)、不安定な心臓病がある人などは使えないことがあります。

点眼薬といえども、合わない人が使えば命に関わることもあるのです。

 

チモロールが標準的な薬となっていますが、薬が作用するβ受容体のうちβ1に選択的に働くベタキソロールのほうが、肺への影響は少ないとされます。ニプラジロールとレボブノロールはα遮断薬の作用も併せ持ちます。

 

 

◉炭酸脱水素酵素阻害薬

1950年代から使われてきた炭酸脱水素酵素阻害薬の内服薬はよく効くものの、全身的な副作用が強くて長期間使えませんでしたが、40年ほどかかって点眼薬が登場しました。眼圧下降効果は内服薬に及ばないものの、全身的にも局所的にも副作用が少なく、緑内障の主な治療薬の一つになっています。

ただし、点眼すると、ドルゾラミドは目にしみる、ブリンゾラミドは粘ついて目がかすむなど、使い心地の問題があり、どちらを使うかは好みも勘案されます。

 

 

◉α2刺激薬

新しい緑内障の薬で、日本では2012年にブリモニジンが使われるようになりました。β遮断薬に近い眼圧下降効果があり、加えて視神経の保護作用も期待できるとされています。ただ、それだけで緑内障の進行を止める力はなく、プロスタグランジン関連薬やβ遮断薬で効果が不十分だったり、副作用で使えないときに用いられます。鎮静作用があるため、2歳未満の乳幼児は使えず、大人が使う場合も、念のため眠気などに注意が必要とされています。

 

 

◉そのほかに用いられる薬

プロスタグランジン関連薬やβ遮断薬などで効果が不十分な場合に、α遮断薬のブナゾシンや交感神経刺激薬のジピベフリンが併用されることがあります。

また、緑内障に最も古くから使われてきた副交感神経刺激薬のピロカルピンは、瞳孔を縮めることで隅角を広げる作用があります。

そのほか、最近は2剤を配合した各種の「配合薬」があります。

 

 

 

・配合剤は、2剤併用するのと効果も副作用も同じ?

最近緑内障の点眼薬には、「プロスタグランジン関連薬+β遮断薬」「炭酸脱水素酵素阻害薬+β遮断薬」といった配合剤が相次いで登場してきましたが、効果は、配合されている2剤を併用した場合と同等です。

点眼剤を2剤使うより利便性に優れるため、長期的には、より確実に使用されることによる効果も期待されています。

緑内障の点眼治療をしている人の半数くらいは複数の薬を併用していますが、点眼薬を2剤以上併用するには間隔をあけて点眼する必要があり、それが患者さんの負担となって、指示通りに使われないケースが少なくないと考えられます。

点眼薬の配合剤は、緑内障のように長期にわたって続ける治療においては大変有用です。

 

主剤による副作用の可能性は同じですが、点眼回数が減って、薬液に含まれる防腐剤などにさらされることが減るため、副作用はその分少なくなると考えられます。

 

 

 

 

☆点眼薬の正しい使い方

・下まぶたを指で軽く引いて、薬を1滴だけたらす。容器の先が目やまつげに触れないように注意する。

・薬が入ったら、静かに目を閉じて、目頭を数分間、指で軽く押さえる。目から溢れた薬はすぐに拭き取る。

・2種類の薬をさすときは、次の点眼まで5分以上あける。

 

 

 

・うまく点眼できなかったときはどうする?

点眼薬の1滴は30〜50μLで、実際に目の中に入るのは10μL程度といわれています。足りないよりも多めの方がよく効くだろうと思われがちですが、多めに点眼しても副作用が増えるばかりです。全く入らなければさし直しますが、基本的には少しでも入れば十分と考えてください。何滴も入ってしまったときは、あふれた分をよく拭き取っておきましょう。

1日1回点眼のプロスタグランジン関連薬を2回さしたら、かえって眼圧が上がったという報告もあるので、使いすぎには注意してください!

 

点眼したら、パチパチとまばたきをせず、静かに目を閉じていることが大切です。まばたきをすると、涙のポンプ機能が働いて薬液が涙と共にのどのほうへと吸い出され、目で効果を発揮するはずの薬が減って、副作用の可能性がある全身へ回る量が増えてしまうからです。

また、複数の点眼薬を使う際は、立て続けにさすと、前の薬が押し出されて効果が低下するので、必ず5分以上あけて点眼してください。

 

 

 

・点眼薬をさし忘れたり、さしたかどうか忘れてしまった時は?

例えば1日1回使う薬なら、朝の点眼を忘れて昼にさすなど、時間が遅れるくらいはかまいませんが、夜になって気づいたら、その日の分は抜いて、翌朝の分からきちんと点眼すればよいでしょう。

幸い緑内障はゆっくり進行する病気で、薬が1回抜けたからといって、すぐに悪化するというものではありません。

点眼したかどうかわからなくなってしまった場合も、慌てずに、次回からきちんと使ってください!

 

 

 

・点眼すると目に刺激感があるときは?

薬の種類によっては、点眼したときに目がチクチクしたり、しみたりしやすいものもあります。プロスタグランジン関連薬では、使い始めにこうした刺激感を覚える人も多いのですが、大抵は1〜2週間使っていると薬に慣れてあまり感じなくなります。

炭酸脱水素酵素阻害薬では、ドルゾラミドは組成上しみやすいので、それが苦手なら、ブリンゾラミドへの変更も検討します。

これらのように、不快であっても心配ないものが多いのですが、なかには使い続けてはいけない場合もあります。目の充血やかすみがひどくなったり、目の周りがかぶれたりするようなら、医師に相談してください。

 

 

 

・緑内障の薬をつかっているときに日常生活で注意することは?

α2刺激薬のブリモニジンは眠気が出る可能性があり、副交感神経刺激薬のピロカルピンは点眼すると瞳孔が小さくなるため視界が暗くなったり、近視化して見え方が変わったりするので、自動車の運転には注意が必要です。

 

 

緑内障があるからといって、目を使うことを制限する必要はありません。

コンピュータを使っても結構です。むしろ、見え方に影響が出ている人も、上手に工夫して残っている視力や視野を活用し、積極滴に生活することをお勧めします!

 

 

 

☆緑内障は、早期に発見して眼圧をしっかり下げれば、多くの患者さんが、生涯不自由になったりしない病気になってきました。

点眼を自分の生活のリズムの中に上手に取り入れて、継続していきましょう!

 

 

 

 

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」「交通事故に強い接骨院」「美容ばり始めました」

土曜、日曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

羽村市双葉町2-1-33

TEL 042-578-9146