双極性障害:病気と上手に付き合うために!|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

双極性障害:病気と上手に付き合うために!

  • スタッフブログ

こんにちは、まろん鍼灸接骨院です。

今回は、双極性障害の治療についてです!

 

 

 

 

 

◇双極性障害の治療!

・治療の目的

双極性障害とうつ病とでは治療法が異なります。うつ病の治療目的は、落ち込んだ気分を正常な状態に回復することですが、双極性障害の治療目的は、気分の波を安定させて躁状態やうつ状態をコントロールし、寛解期を維持することです。

 

 

・治療の基本は薬物療法

双極性障害の治療は、病気の経過によって、「躁状態を抑える治療」「うつ状態を持ち上げる治療」「再発を予防する治療」の3段階に分かれます。

治療の基本は薬物療法です。中心になるのは、気分の波を平坦に近づけて安定させる作用がある「気分安定薬」と呼ばれるタイプの薬です。躁状態とうつ状態の両方を改善する効果があるだけでなく、再発予防にも有効です。この気分安定薬を基本薬として、患者さんの経過に合わせた治療が行われます。

 

 

・抗うつ薬は単独で使用しない!

双極性障害のうつ状態に、うつ病の治療薬である「抗うつ薬」を単独で使うことはありません。有効性が認められていないだけでなく、双極性障害に抗うつ薬を使うと、経過が不安定になったり、急に躁状態が現れる「躁転」を引き起こしたりする危険性があるからです。

ただ、うつ状態が非常に重く、自殺の心配があるような場合は、気分安定薬を使った上で、抗うつ薬を慎重に併用することはあります。

 

 

・再発予防のための治療

躁状態やうつ状態から回復した後も、再発を予防するために、少なくとも2年間は気分安定薬の服用を続けることが必要です。患者さんの中には、症状がなくなると服薬を勝手にやめてしまう人もいるのですが、双極性障害は再発しやすい病気であることをよく理解して、医師の指示通りに服薬を続けてください。また、治療中は、定期的に受診して、「薬の量は適切か」「副作用は出ていないか」などのチェックを受けることが大切です。

 

 

・日常生活の注意点

双極性障害の再発予防には、薬物療法が不可欠ですが、それに並行して生活リズムを整えたり(社会リズム療法)、発症の引き金になるストレスを回避したりすると、予防効果がさらに期待できます。

 

◉生活リズムを整える

働き過ぎや睡眠不足などによって生活リズムが不安定になると、再発しやすくなります。起床、就寝、食事、仕事などの生活リズムをできるだけ一定に保つようにしましょう。特に大切なのが睡眠のリズムです。徹夜は躁状態のきっかけになりやすいので、忙しくても睡眠時間はしっかり確保することが大切です。自分の生活リズムを把握するために、睡眠や行動、気分などを毎日記録するとよいでしょう。

 

◉ストレス対策

人間関係や環境の変化などのストレスは、再発の引き金になったり、症状を悪化させる要因になります。自分には何がストレスになりやすいのかを把握し、その状況をできるだけ避けるようにしましょう。また、避けられないストレスがあった場合は、すぐに主治医に相談し、薬物療法を強化するなどの対策をとることが大切です。

 

 

・再発の兆候を見逃さない!

いったん躁状態やうつ状態になってしまうと、患者さんは自分が病気だということがわからなくなります。気分が安定している寛解期の正常な状態を覚えておいて、うつ状態や躁状態に切り替わりそうなときに、自分でその変化に気づけるようにしておくと、早い段階での対応が可能になります。

ただ、患者さんだけでは気づかないこともあります。家族や周囲の人も患者さんの様子に注意し、「いつもと違う」と感じたら、早めに受診を勧めることが大切です。特に、一度でも躁状態になったことがある場合は、再発の兆候を見逃さないようにしましょう!

 

寛解期の患者さんに次のような様子が見られたら、躁状態になりかけているおそれがあります。患者さんが受診を拒む場合は、とりあえず家族が主治医に患者さんの様子を伝えて、対応を仰ぎましょう。

◉朝早く起きだす

◉おしゃべりになる

◉よく電話をかけている

◉服装や化粧が派手になる

◉外出が多くなる

◉金遣いが荒くなる

◉帰宅時間が遅くなる

◉口調がきつくなる

etc.

 

 

◇病気と上手に付き合うために…

・病気を受け入れる

双極性障害と診断されると、最初はショックで診断を受け入れられないかもしれません。しかし、病気について正しく理解し、主体的に再発予防に取り組んでいけば、発症前とほとんど変わらない生活を送ることは十分に可能です。治療は長期に及ぶ場合が多いのですが、薬をきちんと飲み続けて、症状をコントロールしていきましょう。

ただ、薬を飲んでいても再発することはあります。その場合も気分の波を最小限に抑えられるように、再発の兆候に気をつけ、異変を感じたらすぐに受診することが大切です。また、普段から再発した時にはどうすればよいか、医師や家族と話し合っておくとよいでしょう。

 

 

・周囲の人のサポート

家族や友人など周囲の人も、双極性障害を正しく理解し、患者さんをサポートしていくことが大切です。患者さんの気分の変化は性格的なものではなく、病気によって起きていることを十分に理解して温かく接しましょう。また、再発の兆候を見逃さず、必要に応じて受診に付き添うなど、適切に対応することが、患者さんのよりよい治療につながります。患者さんに激しい躁状態や強いうつ状態が現れ、一時も気が抜けないようなおきは、家族だけで対処しようとせず、すぐ担当医に相談しましょう。支える家族が疲れ切ってしまうと、患者さんのサポートどころではなくなってしまいます。場合によっては患者さんに入院治療を受けてもらうことも必要です。

日常生活では息抜きやリフレッシュの時間を作って、ストレスを解消することが大切です。現実的には難しい面もたくさんあるかもしれませんが、医療機関など周囲の助けも借りながら、出来るだけ気持ちに余裕をもって患者さんをサポートしていける体制を整えましょう!

 

 

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」 「交通事故に強い整骨院」

土曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

「美容鍼灸始めました」