食材パワーで健康に!:小松菜、カルシウムで骨を丈夫に!|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

食材パワーで健康に!:小松菜、カルシウムで骨を丈夫に!

  • スタッフブログ

こんにちは、まろん鍼灸接骨院です。

今回は、小松菜、カルシウムで骨を丈夫に!です!

小松菜はアクが少ないので、下ゆで不要。手軽に料理に使える青菜です!

 

 

 

 

冬はみずみずしく、甘みも増して小松菜がおいしい季節です!

小松菜は江戸時代に小松川(現在の東京都江戸川区付近)で栽培が始まり、全国的に栽培されるようになりました。

シャキシャキとした歯応えで、アクが少なく、幅広い料理に使えるうえ、骨粗鬆症予防に欠かせないカルシウムの宝庫です。

乳製品に加えて、小松菜や木綿豆腐などの植物性食品からカルシウムをとることで、エネルギーを抑えつつ1日に必要な量をとることができます!

 

 

☆知っておきたい!小松菜パワー!

・低エネルギーのカルシウム源。カロテンなどのビタミン類も豊富です!

 

骨粗鬆症予防のために欠かせないのが、骨をつくる栄養素、カルシウム。

年齢、性別にもよりますが、成人は1日650〜800mgとることが推奨されています。

日本人には不足しがちな栄養素なので、日頃からカルシウムの豊富な食品を積極的にとるよう心がけましょう!

 

なかでも牛乳などの乳製品は、効率のよいカルシウム源ですが、量が多すぎるとエネルギーが高くなってしまうのが難点。

その点小松菜は、カルシウムが豊富で低エネルギーなところが魅力です。

吸収率は乳製品に劣りますが、ほかのカルシウム豊富な食材と組み合わせてとることで、摂取エネルギーを抑えつつ、必要な量のカルシウムをとることができます。

カロテンなどのビタミン類や鉄、食物繊維なども豊富に含まれますから、ぜひ献立に取り入れましょう!

 

 

☆1食分の目安量:70〜80g、2〜3株

 

☆カルシウムが多い植物性食品

・モロヘイヤ

・大根の葉

・木綿豆腐

・納豆

・ひじき

 

 

☆小松菜パワーを賢くとるコツ!

ポイント1、刻んでたっぷり食べる!

加熱して細かく刻むと、かさが減ってたくさん食べられます。ひき肉などの旨味の出る食材に混ぜて食べるのもお勧めです!

・小松菜の水餃子

・小松菜とえのきの煮浸し

 

ポイント2、カルシウム豊富な食品と組み合わせる!

カルシウム豊富な食品と組み合わせて、カルシウム量を増やすのもよい方法です。

木綿豆腐やチーズなどと合わせると、食べ応えも出ます。

・小松菜のチャンプルー

・小松菜のチーズオムレツ

 

ポイント3、カルシウムの吸収を助ける食品と一緒に!

ビタミンDはカルシウムが体内に吸収されるのを助ける働きがあります。

きくらげ、しいたけなど、ビタミンDを含む食品も使いましょう!

 

 

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」 「交通事故に強い整骨院」

土曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

「美容鍼灸始めました」