冬の子どもの嘔吐・下痢対策!|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

冬の子どもの嘔吐・下痢対策!

  • スタッフブログ

こんにちは。まろん鍼灸接骨院です。

今回は、子どもの嘔吐・下痢対策についてです。

乳幼児が、冬に嘔吐や下痢を繰り返したら、「ロタウイルス胃腸炎」を疑う必要があります。

 

 

 

 

 

冬に嘔吐や下痢を引き起こす病気として、ノロウイルスによる感染症が知られています。子どもの場合は、ほかにロタウイルスによる感染症(ロタウイルス胃腸炎)にも注意が必要です。

日本国内では毎年、5歳未満の子どもの約110万人がロタウイルス胃腸炎を発症し、約80万人が医療機関を受診、そのうち2万6000人から7万8000人が入院し、10人前後が亡くなっていると推計されています。ロタウイルスが流行する時期は1月から5月ごろで、ピークは2月から3月ごろです。

 

感染力の強いロタウイルスには、5歳までにほぼすべての子どもが感染すると考えられていますが、特に発症しやすいのは、生後6ヶ月から3歳未満の乳幼児です。初めて感染したときに最も重症化しやすく、その後、感染を繰り返すごとに免疫ができ、症状は軽くなります。大人は感染しても発症しないか、発症しても軽症で済みます。

 

ロタウイルスに感染すると、2〜4日間の潜伏期間を経て、嘔吐と発熱で発症します。嘔吐は1日で治ることが多く、長くても2日程度です。次いで、水のような下痢便が5〜8日間続いた後、回復することがほとんどです。

 

 

 

ロタウイルスに効果のある抗ウイルス薬はないため、対症療法のほか、家庭では次の点に気をつけて対応します。

・脱水症の予防

乳幼児は嘔吐や下痢を繰り返すと、水分・電解質が失われて脱水症を起こしやすくなります。脱水症を予防するためには、こまめに少しずつ水分と電解質を補給します。水分と電解質の両者を含む経口補水液やイオン飲料などを飲ませるとよいでしょう。

また、子どもの様子をよく観察することが大切です。「元気がない」「ぐったりしている」「尿の色が濃くなっている」「尿が半日以上出ない」「唇がカサカサに乾いている」などは、脱水症のサインです。これらの症状が見られたら、すぐに医療機関を受診してください。脱水の程度が強い場合は、点滴や入院が必要になります。

下痢を止めようとして、市販の下痢止めを自己判断で使わないでください。ウイルスを体内にとどめ、症状を長引かせてしまいます。

 

・合併症に注意

ロタウイルスに感染すると、非常に稀ですが、脳炎や脳症を起こすことがあります。

命に関わることがあるため、子どもが「けいれんが止まらない」「けいれんが止まってもボーっとしている」という場合は、脳炎・脳症を疑って、すぐに救急車を呼んでください。

 

 

家庭でできる3つの基本

ロタウイルスは、感染した人の吐いたものや、排泄物に含まれます。きれいに掃除したつもりでも、床やおもちゃなどにウイルスが残っていることがあります。そこにはほかの子どもが触れ、手から口にウイルスが侵入すると、感染が起こります。

ロタウイルスは感染力が非常に強いため、幼稚園や保育園で1人でも感染者が出ると、あっという間に感染が広まってしまいます。家で子どもが発症した場合は、脱水症や合併症に注意すると同時に、家族にうつさないように家庭内で対策をとることが大切です。

感染を防ぐには、こまめな手洗いで「ウイルスをつけない」、消毒により「ウイルスをやっつける」、「ワクチンを接種して、重症化を予防する」ことが基本です。

 

 

・ウイルスをつけない

家族は、おむつ交換や汚れものを処理した後、調理を行う前、食事の前、トイレの後などに、こまめに石鹸と流水で手洗いを行います。洗った後は、清潔なタオルや紙タオルで拭き、タオルの使い回しは避けましょう。

また、吐いたものや排泄物に直接触れないように、掃除や消毒の際は使い切りの手袋やマスクを着用し、使用したものはポリ袋に密閉して捨てます。

 

 

・ウイルスをやっつける

消毒は、塩素系漂白剤を水で0.1%くらいの濃度に薄めて行います。アルコール消毒にもある程度の効果はありますが、完全ではありません。

 

 

・ワクチン接種

ロタウイルスは感染力が強く、10個から100個程度という非常に少ない数でも感染が起こるため、家庭での感染予防対策だけでは完全とはいえません。早めにワクチンを接種して、あらかじめ免疫をつけ、重症化を防ぐことが重要です。

日本では2011年11月より、飲むタイプの生ワクチンが任意接種で受けられるようになりました。ワクチンの接種は、予防接種を行なっている小児科で受けられ、他のワクチンとの同時接種も可能です。2回接種タイプと3回接種タイプの2種類がありますが、効果はどちらも同じです。費用は医療機関によって異なりますが、どちらも合計で3万円程弱です。

定められた方法で摂取した場合、ロタウイルス胃腸炎を発症しても重症化させずに済ませる効果は85〜95%、入院に至らずに済む効果は95〜100%といわれています。現在は任意ですが、すべての子どもが無料で接種を受けられる(定期接種)ようになることが望まれます。

 

現在の接種率はおよそ40%です。費用はかかりますが、感染した時の重症化のリスクを考えると、受けておくことが勧められます。

 

 

 

ロタウイルスへの感染と、症状の重症化を防ぐには、「手洗い」「消毒」「ワクチン接種」の3つが基本です!

 

 

 

 

 

 

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」「交通事故に強い接骨院」「美容ばり始めました」

土曜、日曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

羽村市双葉町2-1-33

TEL 042-578-9146