“いきいき脳”で健康な毎日を!:リズムを変えて歩く!|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 交通事故治療22時まで受付
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

【受付時間】9:00~13:00 / 15:00~21:00
はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

交通事故もこちらからどうぞ!TEL:042-578-9146

スタッフブログ

“いきいき脳”で健康な毎日を!:リズムを変えて歩く!

  • スタッフブログ

こんにちは、まろん鍼灸接骨院です。

今回は、「リズムを変えて歩く!」です。

 

 

 

 

ウォーキングなどの有酸素運動は、生活習慣病の予防だけでなく、認知症予防にも役立つとされています。体力や“脳力”を鍛えるには、“少しきつめ”の運動が効果的とされているので、無理のない程度に速足で歩いたり、散歩コースに坂道や階段を組み込んだりしてみましょう。

 

そして今回、もう一つオススメしたいのが、“脳を使って歩くこと”です。ふだん歩く時の手足のリズミカルな動きは、脳幹と脊髄が制御しているもので、無意識に、そして自動的に起こる運動です。そこで、わざとリズムを変えたり、いつもと違う動きを歩きにプラスしたりして脳に刺激を与え、前頭葉を中心とした大脳も働かせようというわけです。

 

例えば、特に意識しなければ、私たちは「1、2」「1、2」のいわばマーチのリズムで歩いています。これを「1、2、3」「1、2、3」のワルツのリズムに変えて、さらに1歩目を大きく踏み出してみるのです。あるいは、「2歩進んだら1歩戻り、次に3歩進んだら1歩戻る」というのを10歩まで続けてみましょう。

 

このような変則的な歩き方をすると、数を数えたり、体の動きを意識したりすることが必要になるので、その分、脳を広く活性化させることができます。また、決めたとおりに足を動かそうとすると、注意力や集中力が高まりますし、ふだんとは違う動きをすることで、視空間認知に関わる頭頂葉y、バランス感覚に関わる小脳の働きなども活発になります。散歩の途中の公園など安全な場所で、ぜひやってみましょう。

 

歩くリズムや足の運びは、自分でいくらでもアレンジできるので、いろいろ試してみてください。スキップや横歩き、一方のつま先を他方のかかとにつけて一直線上を歩く「継ぎ足歩行」などにチャレンジしてみるのもオススメです。「ちょっと難しいな」というくらいの方が、脳の働きは活発になります。

 

また、運動は仲間と一緒にゲーム感覚で取り組むと楽しく、長続きにもつながります。みんなで元気よく体を動かし、体力も脳力もしっかりと鍛えましょう!!

 

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」 「交通事故に強い整骨院」

土曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

「美容鍼灸始めました」