肩こり予防!|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

交通事故もこちらからどうぞ!TEL:042-578-9146

スタッフブログ

肩こり予防し肩の健康を

  • スタッフブログ

こんにちは、まろん鍼灸接骨院です。

今回は、肩こり予防についてです!

姿勢やストレスなど、「肩こり」を起こす原因を知り、日常生活の中で肩こりを予防しましょう!

 

 

 

 

☆肩こり予防:肩こりは自覚しにくいので、予防することが大切!

肩こりは、肩の筋肉(主に僧帽筋)が硬くなっていると感じている証拠です。しかし、周囲の人から「肩がこっているね」と言われても、自分では異常を感じていない人は少なくありません。このように自覚のない“隠れ肩こり”の人は増えていると言われています。

肩を動かすときには、上腕骨と肩甲骨が連動して動きますが、そのとき、肩甲骨は肩の筋肉によって動かされています。ところが肩甲骨がどの方向を向いているのかなどを認識しにくいことが、肩こりを自覚しにくい理由としてあげられます。

肩がこっているという認識があれば、健康な状態に早く戻すこともできます。しかし、筋肉が硬くなっている状態を自覚できないまま肩を動かし続けると、肩甲骨がスムーズに動かせないために、関節に負担がかかって、そのうち肩関節が動かしにくくなったり、腱が切れて手術が必要になったりする場合もあります。

肩こりは、まず自分で認識することが大切です。そして、肩こりを感じにくい人は、自分の体の状態を見つめ直すとともに、きちんと予防する必要があるといえます。

 

 

☆肩こりの主な原因:悪い姿勢とストレスにより肩に過剰な力が入る!

肩こりを起こす主な原因には、姿勢とストレスが関係しています!

 

◇悪い姿勢

人間の体は、本来、左右対称に使うようにできています。しかし、姿勢が悪いと、体の使い方が偏ってしまい、使わない方の筋肉や関節の動きが悪くなり、姿勢が歪んでいきます。

例えば、肩は立っている時もバランスをとるために働いていますが、体が左右どちらかに傾いていると、水平を保つために肩の筋肉が過剰に働くことになり、硬くなりやすくなります。また、歯の噛み合わせや体のゆがみにより血行が悪くなることも、肩こりにつながります。

自分の姿勢はわかりにくいものですが、姿勢が悪い人は、左右の肩の高さなどに違いがあるので、それをチェックしてみましょう!

 

 

☆姿勢チェック!

姿勢に歪みがないかどうかを、肩と骨盤の位置でチェックしましょう。骨盤は上半身の土台なので、傾いているとバランスをとろうとして肩に過剰に力が入り、肩こりの原因になります。姿勢のチェックは自分ではわからないので、必ず他の人に見てもらうか、鏡の前で行いましょう。

・左右の肩先(肩の先端の出っ張っている部分)と骨盤の位置(ベルト下ぐらいの骨が出っ張っている部分)に印をつける。普通に立った状態で軽く目を閉じ、一瞬肩を持ち上げ、力を抜く(姿勢を直そうとしないようにする)。この状態で目を開け、チェックする。

 

◉チェックポイント

1、肩先が左右均等・水平になっているかどうか

2、骨盤の位置が左右均等・水平になっているかどうか

 

 

左右の差があった場合には、バランスを改善する「左右差を改善する運動」を行ってみましょう!

☆左右差を改善する運動

左右で「こちら側の脇が伸ばしにくい」と、伸び方の違いを自覚することが大切です。それにより、次第に体の使い方のバランスがとれてきます。1日に1回、左右1セットで5〜6セット(合計1分間程度)を行います。

1、肩の力を抜き、足幅を肩幅より少し狭く開いて立つ。両手は、太ももの横に軽く触れる。

2、右脚の太ももに沿って手を滑らせるように下ろしていく。左の脇が伸びているのを感じたら、元に戻す。

3、同様に、左側も行い、右の脇が伸びているのを感じる。

 

 

姿勢の歪みを改善することで、肩をスムーズに動かすことができるようになります。ただし、左右差は、長い間、無意識に左右違う使い方をしてきた結果なので、一度の運動での改善は期待できません。こまめに長く続けることで、体の使い方のバランスがだんだんとれてきます。

 

 

◇よい姿勢

立ち姿勢と座り姿勢それぞれ、次のような姿勢がよい姿勢です。

◉立ち姿勢

正面から見た場合に体が左右対称になっているのが、よい姿勢です。横から見た場合には、耳からくるぶしまで一直線になっています。自然にこういう姿勢がとれるように、鏡の前などでチェックしてみてください。

 

◉座り姿勢

最近は、長時間デスクに座り、パソコン作業をすることが多く、肩こりに悩んでいる人が増えています。デスクワークをするときは、つま先に体重が乗るような位置に膝が来るようにして座ると、僧帽筋に負担がかかりにくくなります。いすに深く腰掛けると、首を前に突き出す悪い姿勢になり、肩の筋肉に負担をかけるので、やや浅く腰掛けるようにしましょう。

 

 

◇ストレス

肩は、体の動きだけでなく、心の影響も受けます。精神的なストレスを受けると、肩の筋肉は緊張します。ストレスが長く続いたり繰り返されたりすると、筋肉は緊張し続け、それが肩こりにつながることがあります。

ストレスと肩こりの関係を断ち切るには、ストレス自体を解消する努力も必要ですが、「脱力と緊張の運動」で、筋肉の緊張と弛緩を意識的に作り出し、緩めたときの大きな開放感を得ることも大切です。

 

☆脱力と緊張の運動:脱力と緊張の順で行い、腕の重さを意識する。

1、背もたれに寄りかからず、まっすぐ座り、両手をだらりと垂らす。

2、首を大きく回す(左右どちらでもよい)。首の状態を感じながら数回行ったら、1の姿勢に戻す。

3、両手で拳をつくり、3秒間ぐらい握りしめる。

4、拳を一気にほどくように力を抜いて、腕の重さを感じる。

 

 

座っていても立ったままでも、20分間以上同じ姿勢で作業を続けていると、肩の筋肉は硬くなります。ストレスを感じていなくても、「胸張り運動」をこまめに行うことは、肩こり予防に役立ちます。

 

☆胸張り運動:姿勢改善にも役立つので、1日2〜3回以上、こまめに行うとよい!

1、いすに腰掛け、肘を軽く曲げた状態で両腕を肩の高さにあげる。

2、息を吸いながら、腕はそのままにして、体を前に出すイメージで、胸を張る。腕はそのままの位置。そのまま3秒間静止する。

3、息を長く吐き出しながらゆっくり元に戻す。肩甲骨の間が広がるイメージ。

 

 

☆まとめ

肩こりの主な原因は、悪い姿勢とストレスです!

肩こりは自覚しにくいからこそ、予防することが大切です!

あまりひどくなると、頭痛や目の疲れを誘発する原因にもなります。

お悩みの方は、ぜひまろん鍼灸接骨院まで(*≧∀≦*)

 

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」 「交通事故に強い整骨院」

土曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

「美容鍼灸始めました」