「こむら返り」について|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

交通事故もこちらからどうぞ!TEL:042-578-9146

スタッフブログ

「こむら返り」について

  • スタッフブログ

こんにちは、まろん鍼灸接骨院です。

今回は、こむら返りについてです!

 

 

 

 

「こむら返り」とは、こむら(腓腹筋。ふくらはぎの筋肉)の不随意(自分の意思とは関係なく動く)に生ずる骨格筋の痛みを伴う筋痙攣のことを言います。

夜間のこむら返りは50歳以上の人の50%にあり、そのうち40%は週に少なくとも3回あり、5〜10%は毎晩あると報告されています。

病態はまだよく解明されていませんが、筋肉の過剰反応ではないかとされています。

通常は運動中に起こるのですが、睡眠中は脚が伸びて、ふくらはぎの筋肉が収縮している状態になっています。

ところが、筋肉が収縮しているという情報を脊髄方向に伝えるセンサーである腱紡錘と筋紡錘がうまく働かないと、運動神経の誤作動によってこむら返りが起きやすい状態になります。

多くはふくらはぎに痙攣が起こりますが、大腿や足にも起こることがあります。

 

睡眠中のこむら返りが頻繁に起こるようであれば、末梢神経が障害される疾患(「糖尿病」「甲状腺疾患」など)や「腎不全」「肝硬変」などの代謝性疾患、電解質異常の病気(副甲状腺疾患など)、「腰部脊柱管狭窄症」などの腰の骨の病気、「閉塞性動脈硬化症」などによる血流不足などが関係している場合があります。

また、「高血圧」や「脂質異常症」の薬、利尿薬などが原因となることがあるので、もし服用している場合は、担当医にご相談ください。

それでも原因がはっきりしない場合は、基礎疾患のない「夜間有痛性筋痙攣」ということになります。

 

予防には、ふくらはぎの筋肉を伸ばすマッサージやストレッチングが有効です。

手で足の指先を持ち、ゆっくりと手前に引き寄せて足首の背側やふくらはぎを伸ばす運動をしてください!

また、寝る前に入浴などで脚を温めることも有効といわれています。

 

 

ふくらはぎ、足の痛みにお悩みの方は、ぜひまろん鍼灸接骨院まで!(^∇^)

 

 

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」 「交通事故に強い整骨院」

土曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

「美容鍼灸始めました」