解決!外反母趾〜!part1|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

交通事故もこちらからどうぞ!TEL:042-578-9146

スタッフブログ

解決!外反母趾〜!part1

  • スタッフブログ

こんにちは、まろん鍼灸接骨院です。

今回は、外反母趾についてです。

外反母趾は、足の親指が変形するなどして痛む、女性に多く見られる病気です。

今回は、外反母趾に早く気づくためのセルフチェックの方法を紹介します!

 

 

 

 

☆外反母趾とは:足の親指の付け根が曲がり靴に当たると痛みが起こる!

外反母趾は、女性に多いのが特徴です。正確な統計はありませんが、女性の社会進出に伴い、靴を履いている時間が長くなったことで、患者数が増えてきているのではないかと考えられます。

母趾(親指)の指先の骨と、付け根の骨である中足骨の角度が20度以上だと外反母趾と診断されます。

 

 

◇外反母趾が起こる仕組み

母趾の付け根の関節の周囲には、多くの筋肉があります。バランスを保ち、母趾が体の外側に傾かないように支えているのが、母趾外転筋おいう筋肉です。

つま先の細い靴を履くなどして、母趾と第二趾(となりの指)の間が狭くなると、母趾が体の外側に傾く一方で、中足骨は体の内側へ押し出されます。すると、この母趾外転筋が、中足骨の下に入り込んでしまい、母趾の傾きを元に戻すことができなくなります。これが、外反母趾です。

進行すると、滑液法という関節の周囲にある膜が炎症を起こしたり、母趾の関節が大きくずれ(亜脱臼)、痛みが慢性化します。

重度になると、母趾が第二趾の下に入り込んだり、上に重なることで、歩行困難になることがあります。

 

 

◇外反母趾が起こりやすい人:関節が軟らかい人は、足の指に圧力がかかりやすい!

健康な足には、縦と横のアーチがあり、バランスが保たれています。足の関節が軟らかいと、このアーチがつぶれやすくなります。女性に外反母趾が多いのは、関節が軟らかく、アーチがつぶれやすいことに加え、筋力も弱いために、足の形が変形しやすいからです。

また、扁平足がある場合、アーチがつぶれ、さらに体重がかかると、足幅が広くなってしまいます。そこへ靴や靴下を履くと、つま先がすぼめられて、足が変形してしまうのです。

 

靴も、外反母趾が起こる大きな要因になります。つま先が細くなった靴を履くと、母趾が体の外側へ傾いてしまいます。かかとの高い靴は、つま先に大きな力がかかるため、さらに足の変形を強くします。外反母趾が女性に多いのは、女性用の靴につま先が細く、かかとの高いものが多いことも関係しています。

思い当たる人は、セルフチェックを行いましょう!

 

 

☆外反母趾のセルフチェック!

1、いすにすわって両脚を伸ばす。

2、まずは準備体操として、足の指を曲げて「グー」をつくり、次に親指だけ上に向けて「チョキ」をつくる。

3、足の指を全て開き、「パー」をつくる。「パー」が作れない場合、外反母趾が起こる可能性が高い。

 

セルフチェックはいかがでしたか?

次回は、皆様に役立つ治療法をご紹介していきます〜( ´ ▽ ` )

 

 

まろん鍼灸接骨院

「交通事故に強い整骨院」

青梅 福生 瑞穂 からでも通いやすい接骨院

土曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

青梅市、福生市からお越しの際、お気をつけてご来店ください。

羽村市、まろん鍼灸接骨院で心よりお待ちしています。