走ると痛む膝ランナー膝|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

交通事故もこちらからどうぞ!TEL:042-578-9146

スタッフブログ

走ると痛む膝。ランナーに多いランナー膝とは?

  • スタッフブログ

 

まろん鍼灸接骨院です!

冬場のランニング中膝が痛むことはないでしょうか??

当院がある羽村市周辺でも羽村駅伝、青梅マラソンなどの大会があります。

学生の方は学校や部活の駅伝大会に向けて練習している時期だと思います。

レースや駅伝に向けて準備をしている長距離ランナーの方の中で走行中膝の痛みに悩まされている。。そんなことはないでしょうか?

そこで今回は走行中の膝の痛み、ランナー膝(ランナーズニー)についてお話ししていきたいと思います!

 

 

まずランナー膝って?知らない方のために説明していきます!

よく聞くランナー膝は正式名「腸脛靭帯炎」といって太腿部の外側から膝外側についている靭帯「腸脛靭帯」が、走り込みなどで負荷を何度もかけることによって、腸脛靭帯と膝が擦れ合い炎症を起こすことで発症します。

症状は膝外側周辺に限局した痛みが現れます。痛みが出るタイミングが特徴的で最初はランニングや練習後に痛みが発生し、休むと痛みが治ります。

しかし、ずっと練習を続けたり休息を取らず無理に続けていると、痛みが続いたり、休みをとっても痛みが消えにくくなっていきます。

 

 

改善策としてはまず休むことです!

そんなことより走らなきゃ、、なんて方もいると思います。壊してしまってからでは、走ることさえも難しくなってしまいます。しっかり休めて練習に備えましょう!

 

 

またトレーニング期間にしっかりと身体を休めることで「超回復」も期待出来ます!

この「超回復」はトレーニング期間に休息を挟むことで、ずっとトレーニングを重ねるより効率よく身体に筋肉が付きやすくなる期間のことで、さらにバランス良く食事を摂ることでより効果を発揮します!

休憩以外の改善策としては、ストレッチや練習方法の工夫が挙げられます。股関節・膝関節周辺の外側にある筋肉をほぐしてあげると効果的です!

練習方法の工夫だとランナー膝は足の外側に起きやすいので、コーナーなどの足の外側に負担がかかるような場所での練習・トレーニングは避けるようにしましょう!

 

 

無理のない練習としっかりとした休息を心掛けて冬場のマラソンシーズンを楽しみましょう!

 

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」 「交通事故に強い整骨院」

土曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付 「美容鍼灸始めました」