足裏・かかとの痛み:足底腱膜炎part1|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 交通事故治療22時まで受付
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

【受付時間】9:00~13:00 / 15:00~21:00
はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

交通事故もこちらからどうぞ!TEL:042-578-9146

スタッフブログ

足裏・かかとの痛み:足底腱膜炎part1

  • スタッフブログ

こんにちは、まろん鍼灸接骨院です。

今回は、足底腱膜炎についてです!

朝起きて、一歩を踏み出した時に、足の裏やかかとの辺りに激痛が走る。

そんな症状があれば足底腱膜炎かもしれません。早めに受診しましょう!

 

 

 

 

☆足底腱膜炎とは?:足の裏の腱が損傷し、足の裏やかかとの辺りに痛みが生じる!

足の裏には、線維状の丈夫な組織が膜のように広がっています。これを足底腱膜といいます。この足底腱膜が損傷し、足の裏やかかとの辺りが痛むのが足底腱膜炎です。

 

 

◇足底腱膜炎が起こる仕組み

歩く・走るという動作では、ふくらはぎの筋肉やアキレス腱と足底腱膜が連動しています。アキレス腱と足底腱膜は、ともにかかとの骨に付いています。

歩く・走るときには、まず、ふくらはぎの筋肉が収縮して、アキレス腱を引っ張り上げます。この力が足底腱膜に伝えられることで、足は地面を踏み返すことが可能になります。

しかし、ふくらはぎの筋肉やアキレス腱の柔軟性が低下すると、足を踏み返すときに、足底腱膜にかかる負担が大きくなります。

この負担が過剰になってしまうと、足底腱膜の線維の損傷があちこちで起こります。この損傷によって痛みが引き起こされるのです。

 

 

◇足底腱膜炎が起こりやすい人

青年期・壮年期のよく運動する人に多くみられます。足底腱膜を激しい運動で使いすぎた結果、足底腱膜の線維が繰り返し切れてしまい、足底腱膜炎が引き起こされるのです。マラソン、ジョギング、登山、サッカーなど、長距離を移動する運動をする人によくみられます。

また、高齢者にも多く見られます。加齢に伴って、足底腱膜の線維が弱くなり、あまり激しい運動をしていなくても線維が損傷しやすくなるためです。退職を機に運動を始めたところ、足に痛みを感じて医療機関を受診すると足底腱膜炎だったという例も増えています。

足底腱膜炎に早く気づくためには、かかとを押して痛みの有無を確認したり、ふくらはぎの筋肉やアキレス腱が硬くなっていないか、チェックすることが大切です。

 

疑われる場合は、早めに受診しましょう!

次回は、足底腱膜炎のセルフチェック、治療法について紹介します☆

 

 

まろん鍼灸接骨院   「交通事故に強い整骨院」

青梅 福生 瑞穂 からでも通いやすい接骨院

土曜、祝日、休日も診療   朝8時〜夜21時まで受付

青梅市、福生市からお越しの際、お気をつけてご来店ください。

羽村市、まろん鍼灸接骨院で心よりお待ちしています。