足裏・かかとの痛み:足底腱膜炎part2|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

足裏・かかとの痛み:足底腱膜炎part2

  • スタッフブログ

こんにちは、まろん鍼灸接骨院です!

今回は、足底腱膜炎のセルフチェック、治療法についてです!

朝起きて、一歩を踏み出した時に、足の裏やかかとの辺りに激痛が走る。

そんな症状があれば足底腱膜炎かもしれません。早めに受診しましょう!

 

 

 

 

☆足底腱膜炎のセルフチェック!

◉足底腱膜の痛みの有無をチェック

いすに座り、片方の足を膝の上にのせる。のせた足の親指を反らす。

さらに、足の裏(特にかかとの骨の前の辺り)を指で重点的に押す。

痛みがある場合は、足底腱膜炎の可能性がある。

 

◉ふくらはぎの筋肉・アキレス腱の硬さをチェック

足を肩幅ぐらいに広げ、両足が平行になるように立ち、かかとを床につけた状態で、ゆっくりと腰を下ろしていく。

バランスが崩れる場合は、ふくらはぎの筋肉・アキレス腱が硬くなっていると考えられる。

 

 

☆足底腱膜炎の検査:問診や触診

問診では、「朝起きて最初の一歩が激しく痛む」「急に歩き出すと痛む」といった症状がないかどうかが質問されます。

また、ふくらはぎの筋肉の硬さや痛みの有無を触診によって確認します。

 

 

☆足底腱膜炎の治療

足底腱膜炎の治療では、まず薬物療法と装具療法が行われます。その後、痛みが改善したところで、ストレッチでふくらはぎの筋肉を軟らかくしていきます。

 

◇薬物療法

短期間の痛みの場合は、非ステロイド系鎮痛薬を飲んだり、外用薬として湿布や塗り薬が使われます。

 

◇装具療法

靴の中のかかとの部分に専用のクッションを入れます。クッションで足底腱膜にかかる衝撃が吸収されます。

 

◇ストレッチ

基本的に、痛みが軽減したあとに行います。継続することで、足底腱膜の痛みが軽減され、再発予防にも効果があります。

 

 

☆足底腱膜炎のストレッチ

◉ふくらはぎのストレッチ

1、痛みがある方の脚を大きく後ろに引く。このとき、後ろに引いた脚の膝は伸ばし、かかとは床につける。

2、かかとは床につけたまま、前に出している脚のひざ上に両手をのせる。重心をゆっくりと前に出している脚のほうに移動させる。

1、2を1日2〜3回行う。

 

◉アキレス腱のダイナミックストレッチ:必ず手すりなどにつかまって行う!

1、階段の段差や10cm程度の高さの台の上などに足の先の方をのせて立つ。かかとは宙に浮かせる。

2、体重を後ろにかけながら、無理のない範囲でゆっくりとかかとを下げ、その状態で一度止まってから、1の状態に戻す。

1、2を1日に2〜3回行う。

 

 

今回は、足底腱膜炎のセルフチェック、治療についてでした!

意外となる人が多い、足底腱膜炎。

足裏に痛みがある方、お悩みの方はぜひ、まろん鍼灸接骨院まで!☆

 

 

 

 

まろん鍼灸接骨院   「交通事故に強い整骨院」

青梅 福生 瑞穂 からでも通いやすい接骨院

土曜、祝日、休日も診療   朝8時〜夜21時まで受付

青梅市、福生市からお越しの際、お気をつけてご来店ください。

羽村市、まろん鍼灸接骨院で心よりお待ちしています。