股関節にやさしい生活とは?後編!|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

股関節にやさしい生活とは?後編!

  • スタッフブログ

こんにちは、まろん鍼灸接骨院です。

今回は、股関節にやさしい生活の後編です!

股関節の痛みを出にくくし、変形性股関節症の進行を抑えるには、日常生活で股関節にかかる負荷をできるだけ減らし、無理な動きを避けることが大切です!

人工関節手術を受けた人が心がけることにも共通します。

 

 

 

 

 

Q、脚が痛くなくても、杖を使う必要があるの?

A、早足で歩いているとき、股関節には、体重の約10倍の負荷がかかるといわれます。変形性股関節症がある人は、強い痛みがないときにも、杖を使って歩く方が、股関節への負荷を軽減できます。

 

 

Q、人工関節を入れたあとの生活で注意することは?

A、手術後は、今までできなくなっていたことができるようになりますが、余計な負荷をかければ、人工関節はそれだけ早く磨耗したり、破損するおそれがあります。人工関節を長持ちさせるために、できるからといって無理をしないで、大切に使っていきましょう!

人工関節の脱臼を起こさないためには、しゃがむなどの股関節を深く曲げる動作や、股関節を強くひねる動作をなるべく避けましょう。

万一、脱臼が起こった場合は、激しい痛みで動けなくなるので、救急車を呼んで、医療機関で整復してもらう必要があります。麻酔をかけたうえで、脚を引っ張って元に戻しますが、外れ方によっては、再手術が必要になる場合もあります。

 

 

☆股関節への負担を減らす工夫

・外出には、杖やリュックサックを利用する!

靴は適度なクッション性のあるものを選ぶ。

 

・買い物の荷物を運ぶにはカートがおススメ!

まとめ買いは避け、なるべく荷物を重くしないように。

 

・歩くときはゆっくりとしたペースで、こまめに休憩をとる!

15〜20分間歩いたら、腰掛けて休む。

 

・階段の上り下りには手すりを利用する!

上りは痛みのないほうの脚、下りは痛みのあるほうの脚から出す。

 

 

今回は、股関節にやさしい生活を紹介しました!

痛みが出ないように工夫をして、股関節に負担をかけない生活を目指しましょう!

股関節にお悩みのある方は、ぜひまろん鍼灸接骨院まで☆

 

 

 

まろん鍼灸接骨院   「交通事故に強い整骨院」

青梅 福生 瑞穂 からでも通いやすい接骨院

土曜、祝日、休日も診療   朝8時〜夜21時まで受付

青梅市、福生市からお越しの際、お気をつけてご来店ください。

羽村市、まろん鍼灸接骨院で心よりお待ちしています。