運動中に起きやすい「大腿四頭筋損傷」!|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

運動中に起きやすい「大腿四頭筋損傷」!

  • スタッフブログ

 

まろん鍼灸接骨院です!

少しずつ寒さも穏やかになり、運動もしやすい時期になってきましたね!

暖かくなったし運動始めようかな、、? そんな方もいらっしゃると思います

 

そこで今回は運動をしている方・始めたい方にも気をつけて頂きたい

「大腿四頭筋損傷」についてお話ししていこうと思います!

 

まず最初に大腿四頭筋損傷について説明していきます。

大腿四頭筋は太ももの表側にある大きな筋肉で、細かい話をすると

4つの筋肉の集合体を大腿四頭筋と呼びます。

大腿直筋・外側広筋・中間広筋・内側広筋 の

4つの筋肉から構成されていてその中で大腿直筋が唯一、

膝・股間接を走行する2関節筋なので1番強い力をもち、1番損傷しやすく、

大腿四頭筋損傷の大部分を占めます。

 

次に発生するメカニズムについて説明していきます。

大腿四頭筋損傷は急な収縮・伸展動作が加わることで発生します。

よくある発生機序では、止まったところからの急なダッシュ・ジャンプの着地時

などで発生します!

怪我をした本人は、太もも表部分に痛み・膝崩れ・離れる感覚を訴えます。

 

続いて怪我をした時の対応についてです。

怪我の治療の第1の目的は、損傷による内出血を少なくすることなので

素早い対処が必要になっていきます!

(内出血を放っておくと筋肉が固まってしまいます、、)

ここでも「肉離れ」の記事で紹介した RICE処置が有効になるので活用しましょう

R = 休息 (まず怪我をしたところを休める)

I = 冷却(アイシング等で患部を冷やす)

C= 圧迫(固定剤・テーピングで患部を圧迫する)

E = 挙上 (心臓より高い位置に患部を挙げる)

この頭文字4つを取ったのがRICE処置です。

4つの単語の意味と順番の通りに処置をすることで、怪我の悪化を防ぐことができます

 

また、痛みの程度をみながら運動や温めることで、早期の回復につながります!

運動時のウォーミングアップ・ダウン・ストレッチは忘れないようにしましょう。

受傷後2カ月以内は再発の危険性があるので、焦らず医療機関を使ったりして

経過観察をしながら対応していきましょう!

 

まろん鍼灸接骨院   「交通事故に強い整骨院」

青梅 福生 瑞穂 からでも通いやすい接骨院

土曜、祝日、休日も診療   朝8時〜夜21時まで受付

青梅市、福生市からお越しの際、お気をつけてご来店ください。

羽村市、まろん鍼灸接骨院で心よりお待ちしています。