膝の捻挫に気をつけて!|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

交通事故もこちらからどうぞ!TEL:042-578-9146

スタッフブログ

膝の捻挫に気をつけて!

  • スタッフブログ

こんにちは、まろん鍼灸接骨院です!

みなさんは、転んだりした時やスポーツ中等に膝をひねって痛くなってしまったことはありませんか?

放っておくと膝の靭帯が緩んでしまうかもしれません!

今回は、膝の捻挫について紹介してきますー!

 

 

 

膝の捻挫で1番痛めやすい靭帯は、膝の内側にある内側側副靭帯です。

内側側副靱帯は、膝が内側に入ってしまった時(膝が内側を向いてつま先が外側を向いている時)痛めてしまうことが多いです。

つまずいて体だけ前にいってしまうような時や、スポーツで膝の外側からタックルを受けたような時です。

内側側副靱帯損傷の場合は、保存療法で治療する場合が多いです。

 

スポーツ選手で多いのが、前十字靭帯損傷です。最近では、サッカーの宮市亮選手が両膝の前十字靭帯断裂から復帰して頑張っていますね!

前十字靭帯は、すねの骨が前に出ないように留めておく役割があり、前十字靭帯を断裂すると、膝から下が前へ出てしまい、脚の踏ん張りがきかなくなります。

一般的には手術療法になります。

 

 

膝には複数の靭帯が付着しており、ひどい怪我になると、内側側副靱帯損傷と外側側副靭帯損傷を合併したり、前十字靭帯損傷と半月板損傷を合併したりと、重篤な怪我になる場合もあります。

 

軽度の靭帯損傷でも、放っておくと靭帯が伸びた状態になってしまい、膝の不安定感が残ってしまったり、すぐにひねってしまうようなことになりかねません。

 

ちょっとひねっただけだから…と油断せず、すぐに治療を受けてくださいね☆

まろん鍼灸接骨院では、手技療法によって周囲の固くなった筋肉をほぐしたり、ハイボルテージ治療機で炎症を抑えたり、テーピングによって膝の安定を補助をする治療を行っています!

 

膝の痛みでお悩みの方は、ぜひまろん鍼灸接骨院まで(´∀`*)

GWも通常通り営業してますよ〜!☆

 

 

 

まろん鍼灸接骨院   「交通事故に強い整骨院」

青梅 福生 瑞穂 からでも通いやすい接骨院

土曜、祝日、休日も診療   朝8時〜夜21時まで受付

青梅市、福生市からお越しの際、お気をつけてご来店ください。

羽村市、まろん鍼灸接骨院で心よりお待ちしています。