肩周りを柔らかくして楽に!|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

交通事故もこちらからどうぞ!TEL:042-578-9146

お知らせ

肩周りを柔らかくして楽に!

  • お知らせ

 

まろん鍼灸接骨院です!

今回は肩周りの筋肉についてです!

肩の筋肉と聞くと、1番最初に浮かぶのが僧帽筋や三角筋だと思います。

肩関節は人体でも球関節と呼ばれ、他の関節に比べあらゆる方向に軸が動きます。

肩の脱臼が多いのも関節があらゆる方向に動くのが原因で発生します。

肩周りの筋肉は多軸の運動から脱臼や損傷を防ぐためにそれぞれの動きに対応した

筋肉でないと、肩を簡単に傷めてしまうので肩関節には多く筋肉が付いています。

 

肩関節に関わる筋肉をあげると10数個の筋肉が関わっていて

メインの筋肉はローテーターカフと呼ばれる複数の筋肉から構成される部位で

棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋の4つから構成されます。

腕を挙げる動作、野球のボールを投げる時に肘を大きく振る動作など

スポーツに限らず、日常的な動作にも大きく関わってくるとても重要な部位です。

その中でも棘上筋は、投球動作や高い場所の物を取るときに大きく働きますが

腕を60度以上挙げる動作で、肩甲骨の烏口突起という場所に挟まれてしまうため、

損傷しやすい場所でもあります。

 

傷めないようにするためには、肩周りのローテーターカフを

鍛える・ストレッチするだけでなく、肩甲骨に付着する筋肉も柔軟性を

上げる必要があります。肩甲骨自体が動くようになることで、

肩関節の可動域に余裕がうまれるので、損傷や硬直も防ぐことができます。

 

運動を始める際も、肩関節をただ回したりしてほぐすのではなく、

背中の筋肉からしっかりとほぐしてあげると、怪我の予防だけでなく

パフォーマンスアップにもつながるので全身的なストレッチを心掛けましょう!

例で言いますと、ロサンゼルス・ドジャース所属の前田健太投手が

以前試合前に行っていた、肘を曲げて背中から大きく肩を回す「マエケン体操」

このウォーミングアップは肩だけでなく背中から大きく回しているので

とても野球や陸上競技の投擲種目をやっている方には、

是非真似していただきたいウォーミングアップです。

 

無理のない運動と、充分なウォーミングアップとクールダウンを行なって

楽しみながら運動しましょう!

 

まろん鍼灸接骨院   「交通事故に強い整骨院」  

青梅 福生 瑞穂 からでも通いやすい接骨院

土曜、祝日、休日も診療   朝8時〜夜21時まで受付

青梅市、福生市からお越しの際、お気をつけてご来店ください。

羽村市、まろん鍼灸接骨院で心よりお待ちしています。