腕の外側に起こりやすいテニス肘!|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 交通事故治療22時まで受付
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

【受付時間】9:00~13:00 / 15:00~21:00
はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

交通事故もこちらからどうぞ!TEL:042-578-9146

スタッフブログ

腕の外側に起こる症状「テニス肘」

  • スタッフブログ

 

 

まろん鍼灸接骨院 です!

今回は腕の外側に発生する症状「テニス肘」についてお話していきます!

このテニス肘は症状名の通りテニスをしている方に多い症状で

主にオーバーユース(過度な練習)や負荷のかかるフォームでボールを打っていると

腕の外側の筋肉が引き伸ばされ、痛みや張りにつながってしまいます。

テニス以外でも、発症する動作は多く見られるので

雑巾を絞る動作や、ものを持ち上げたり、腕を内側外側に捻ったりすると

痛みが発生する場合は「テニス肘」の症状が腕にあらわれてるかもしれないです。

 

痛みが発症する原因としては、

肘の外側、上腕骨の下端外側にある「外側上顆」という部分から始まっている

「短橈側手根伸筋・長橈骨手根伸筋・総指伸筋」が過度に引き伸ばされたり、

使いすぎることによって、筋肉の起始部・停止部が炎症を起こして痛みとして

あらわれます。

 

また筋肉の腱部が伸ばされ続けることで、筋繊維に亀裂が入ったり

固まった状態から一気に引っ張ることで、過度な伸張力が働き炎症を起こしてしまう

このようなケースもみられ多くの発生原因から起こる為、普段運動をしていない方でも

「テニス肘(外側上顆炎)」は発生しやすい疾患になります。

 

「テニス肘(外側上顆炎)」の対応策としては、

前腕部から指先にかけてストレッチやトレーニングが有効で、

ストレッチでは「腕をピンと伸ばした状態から、手掌側に手首を曲げる。」

この姿勢で10〜30秒できる範囲で同じ姿勢をキープして、

時間がたったら腕の力を抜いて、リラックスさせる。この動作を5〜10セット

できる範囲繰り返していきます。この運動で手首を曲げる際にグッと力を

入れすぎないことが大切になります。目的としてはストレッチになるので

力を入れるイメージより、前腕の筋肉をゆっくり時間をかけて伸ばしてキープさせる

イメージで行うようにしましょう!

 

続いてトレーニングですが、

違和感・痛みが感じられる方の腕で、ダンベルや重りを持ちます。

手首を前後に持ち上げるように動かしていきます。

重さは1〜2キロ程度の軽い重さで行い、痛みや炎症が強くあらわれている場合は

少し腕に負担がかかりますので、このトレーニングを控えるようにしましょう。

 

ストレッチ・トレーニングにおいても、無理をしないことがとても大切です。

運動や家事をする際も、極端に負荷がかかることのないようにしていきましょう!

 

痛みがとれない場合は、当院まろん鍼灸接骨院でお待ちしています!

 

 

まろん鍼灸接骨院   「交通事故に強い整骨院」  

青梅 福生 瑞穂 からでも通いやすい接骨院

土曜、祝日、休日も診療   朝8時〜夜21時まで受付

青梅市、福生市からお越しの際、お気をつけてご来店ください。

羽村市、まろん鍼灸接骨院で心よりお待ちしています。