前脛骨筋の痛み!|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

交通事故もこちらからどうぞ!TEL:042-578-9146

スタッフブログ

すね周辺が痛い、、前脛骨筋の炎症かもしれません!

  • スタッフブログ

 

まろん鍼灸接骨院です!

今回はランナーの方や立ち仕事が多い方を始め

幅広い層の方にみられる症状「前脛骨筋部の痛み」についてお話していきます。

 

最初に「前脛骨筋」についてですが、

膝の下(外側)に位置している脛骨の上端から始まり、足部の親指の付け根から

少し下に下がったところに停止するのが「前脛骨筋」になります。

足部を上に曲げる作用(背屈)と、内側に捻る作用(内反)が主な作用になります。

 

歩行や走行に大きく作用し、

足底を接地して最後に母指球で進行方向に身体を押し出す際に力を発揮し、

ジャンプをする際には、一時的に力を溜めて上に蹴り出す際に発揮したりと

大きなエネルギーを発生させる筋肉である反面、

その分筋肉への疲労がかかりやすいという点もあるため、運動をしている方や

レースに参加している方は、筋肉の伸縮を繰り返し小さなダメージが蓄積されるため

しっかりとしたケアを施さないと、故障の原因につながってしまうこともあるので

ストレッチや医療機関に通って、ケアをしながら練習やレースを積むことで

怪我の予防、パフォーマンスアップにつながります!

 

怪我を事前に防ぐために自宅で出来るストレッチをいくつかご紹介します!

前脛骨筋は負荷の大きくかかる伸縮を繰り返すことで炎症を起こしてしまいます。

また体重が前にかかりやすい方や、日常的に早歩きが多い方は

前脛骨筋に負担をかけやすい動作なので注意が必要です。

前脛骨筋のストレッチとしては、足首を前に曲げたり、内側に捻る動きが

主体となる筋肉なので、ゆっくりとつま先を伸ばしてその状態で5秒キープして

足首が曲がっている状態に戻す。この動きを5〜10セット行います。

 

またつま先に腕で圧迫をかけながら10秒ほど伸ばしていくストレッチも有効です!

このときも一つ前のストレッチで紹介した通り、無理に伸ばすことは避けましょう!

更に筋肉を傷める原因にもなってしまうので、じっくりと筋肉の伸びを感じながら

伸ばしていきましょう!

 

 

 

まろん鍼灸接骨院   「交通事故に強い整骨院」  

青梅 福生 瑞穂 からでも通いやすい接骨院

土曜、祝日、休日も診療   朝8時〜夜21時まで受付

青梅市、福生市からお越しの際、お気をつけてご来店ください。

羽村市、まろん鍼灸接骨院で心よりお待ちしています。