羽村市の接骨院の施術案内

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 交通事故治療22時まで受付
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

【受付時間】9:00~13:00 / 15:00~21:00
はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

交通事故もこちらからどうぞ!TEL:042-578-9146

施術案内


自費施術

まろん式骨盤矯正

お一人お一人の症状に合わせて手技を行います。保険施術(約15分)に手技の時間を延長することができます。

料金
2,000円 + 保険料

保険料金の目安

初診
1割~3割 1,000円~1,500円程度
2回目以降
1割~3割 300円~600円程度

施術延長

お一人お一人の症状に合わせて手技を行います。保険施術(約15分)に手技の時間を延長することができます。

料金
・延長10分800円 ・延長20分1,600円 ・延長30分2,400円

鍼施術

坐骨神経痛の場合は、腰からしびれのある足首くらいまでを刺鍼します。肩こりの場合は、首から肩までを刺鍼します。

料金
・鍼通電療法:1,200円~
※プラス1部位につき800円
時間
・15分程度
鍼施術

美容鍼

美容鍼とは、鍼刺激により組織、細胞、血管、神経を刺激して「体の内側に働きかける美容法」です。肌本来が持つ回復機能を活性化させアンチエイジングへと導きます

期待できる効果
・リフトアップ
・小顔、美肌

こんな悩みをお持ちの方
・たるみ、シミ、シワ
・くすみ、くま、浮腫み(むくみ)
・二重あご、ほうれん線、眼精疲労

施術の流れ
リンパマッサージ

美容鍼(30本)

手・足のツボ(各数本)

美顔ローラー

料金
4,000円+税
時間
・50分程度

*予約制になります
LINE友達追加で予約可能です(予約状況確認できます)

まろんのエステ

↑↑↑↑↑↑↑
ここから追加できます

☆美容鍼は繰り返しの施術をお勧めします。
最初は週に1回程度を1ヶ月程度の施術することにより良い状態がキープできます。
その後、月に1回〜2回の施術をお勧めします。

美容鍼

灸施術

料金
・680円~
※1部位につきプラス300円
時間
・10分程度

ハイボルテージ治療【フィジオアクティブHV】

この治療器の最大の特徴は、その名のとおり「高電圧」です。瞬間的に高電圧(150V以上:peek300V)の電流を流すことで、
皮膚抵抗を最小限に抑えて、深部到達を可能にしています!
従来の電気治療法に比べ、身体の奥深い患部への直接のアプローチができるため、非常に高い鎮痛効果と即効性が望めます。

こんな症状に効果的

  • むちうち治療、交通事故治療
  • ギックリ腰、腰の痛み
  • 寝違い、首の痛み
  • 捻挫、挫傷(肉離れ)
  • 神経痛による筋緊張

  • 保険適用施術(40分程度)

    骨折、脱臼、打撲、捻挫、外傷性の肩・腰・膝の痛み等、厚生労働省の定める料金で施術を行います。各種健康保険、労災保険、自賠責保険(交通事故治療)を取り扱っております。ご来院の際は、保険証をご持参ください。

    高齢者の方からスポーツ選手まで、症状や年齢に応じた施術を行っています。「生活の質」の向上や骨折からの機能回復、早期スポーツ復帰など、目的ごとに施術法を変えて幅広い患者さんにご利用頂いています。

    保険適用施術

    保険適用料金

    初診
    1割~3割 1,000円~1,500円程度
    2回目以降
    1割~3割 300円~600円程度

    施術方法について

    柔整マッサージ

    筋肉をほぐし、自然治癒力を最大限に引き出し、体を健康で美しい状態に導いていく最新のマッサージ法です。東西両医学の理論と技術を組み合わせることにより、自然治癒力を最大限に引き出します。

    体の深部から健康になることで、不調を緩和し、病気の予防、むくみや痛み、こり、疲労、体調不良、免疫力の低下等の症状を改善します。

    ストレッチング

    硬くなっている筋肉をピンポイントでストレッチします。マッサージや整体ではアクセスするのが難しい部位の筋肉を、患者さんの身体をサポートしながら行う高度なストレッチです。筋肉の構造に基づいた専門知識がなければできない技術です。

    関節の調整

    何らかの理由(長期固定や悪い姿勢など)で関節が硬くなると筋肉も硬くなります。また、循環も悪くなって内臓にも問題が出てきて自律神経系にも影響してくる可能性があります。悪循環に陥らないためにも、関節自体に動きをつけることはとても大切です。

    筋肉の調整

    筋肉をほぐして、関節を動かし、筋肉をつける。この3セットをやってもなかなか症状が改善しない方は、そもそも筋肉の走行がずれている可能性があります。筋肉を元の位置に戻すことに重点をおいた手技です。

    筋力強化運動

    急性期「痛いから動かさない」のは正解です。しかし、安静期間を長く保ちすぎると「動かさないから余計に痛くなる」に変わってきてしまいます。普段使わない筋肉、弱くなった筋肉を強化します。

    自動運動

    運動指導されても「家ではなかなか続かない」「やり方が不安だ」という方も多いのではないでしょうか?器具等を用いて、ご自身で運動・ストレッチを行っていただきます。

    干渉波・低周波

    痛みやこりの部分に干渉波を当てると、筋肉と血管が収縮・拡張を繰りかえすので、血行の循環を促し、慢性的な痛み・こりを解消します。